TEL LINE

ムチ打ち、肩こり、腰痛を施術しても一向に良くならない時 | 函館市・七飯町・北斗市の石渡整骨院

Blog記事一覧 > 矯正施術 > ムチ打ち、肩こり、腰痛を施術しても一向に良くならない時

ムチ打ち、肩こり、腰痛を施術しても一向に良くならない時

2011.11.28 | Category: 矯正施術

 

ムチ打ち、肩こり、腰痛の施術をしてもいっこうに治らない、良くならない時。それは施術自体が治すべきところの的が外れている時が多いです。痛いところにばかり施術されていたりしても肝心の原因になっているところを施術されなければ、症状はいっこうに改善されません。レントゲン上骨に異常が無くても痛い事ってありますね。骨に異常が無くても関節の固さや動きに問題が有ったりします。これ以上治らない施術を続けるのですか?

オステオパシーをやっているとお客さんに直接、手で触れますので治すべきところが良くわかります。

たとえばお客さんがうつ伏せで寝ていて手のひらでお客様の背骨を上から軽く押していきますと悪いところは動きが悪いため硬くて抵抗を感じます。スプリンギングテストと言います。

お客様に「ここが悪いですね?」と聞きますと大概お客様は「えっ?どうしてわかるんですか?」と驚かれます。